サプリメントと薬の大きな違いとは?

サプリメントと薬の違いで一番大きな点は、サプリメントはあくまでも食品の1つであるのに対して、薬とは特定の疾患や症状を治癒させるために服用するものだということです。

 

薬は医薬品として、薬機法によって認定・規定されています。

 

一方のサプリメントは食品衛生法によって分類されている栄養機能食品、健康補助食品の1つの形で、錠剤やカプセルだけでなく、ドリンクやゼリータイプなど様々な形状があります。

 

また成分の表示方法や効能に対する表現などもサプリメントと薬の違いが顕著に表れる部分です。

 

特にサプリメントの広告は、特定の疾患などに対して効果があると表示することは禁じられているため、どうしても曖昧な表現になりがちな側面があります。

 

サプリメントと薬を一緒に飲んでも大丈夫?

サプリメントと薬の併用には慎重になる必要があります。

 

サプリメントの成分によっては薬効を妨げる働きをしたり、効果を弱めたり、逆に作用が強くなり過ぎたりする場合があるからです。

 

どのような疾患で、どんな薬を飲んでいるかにもよりますが、サプリメントと薬の併用は避けた方が賢明です。

 

長年飲み続けているサプリなどは、いきなり止めづらいこともあるので、その場合は医師に相談してみましょう。

 

サプリメントには明確な定義がないため、食事以外の何らかの形で栄養素を補うもの全てを広義でサプリメントと呼ぶこともできます。

 

いわゆる錠剤やカプセルなどのサプリメントは飲んでいることを意識していても、ドリンクタイプやゼリータイプなどの場合、気が付かずに併用していることもあります。

 

毎日飲むことを習慣化しているドリンク剤などをうっかり薬と併用することのないように気を付けましょう。

 

薬と一緒に服用してはいけないサプリメントもある

医薬品は一般に発売されるまでに数々の臨床研究が行われ、期待される効果や起こりうる副作用などがしっかりと明示されています。

 

しかしサプリメントなど健康食品に関してのデータは医薬品に比べるとまだまだ少なく、医薬品との相互作用はまだほんの一部しか分かっていないのが現状です。

 

医師に相談しても、「そんなサプリは聞いたことがない」などと言われてしまったり、明らかに嫌悪感を示されることも少なくありません。

 

しかし、医師から処方されている服用薬がある人が自己判断でサプリメントを摂取することは危険です。

 

例えば血液凝固防止剤を服用している人がビタミンA、ビタミンEなどを大量摂取すると薬効に影響がでることが分かっています。

 

持病を持っていたり、何らかの疾患で投薬治療をしている場合には、サプリメントを飲み始める前に必ず医師に相談しましょう。

 

サプリメントの種類

サプリメントは形状、成分、機能など様々な種類があります。

 

健康への意識の高まり、技術の進歩などにより次々と新しいサプリメントが誕生しています。

 

サプリメントには大きく分けて、ベースサプリメントヘルスサプリメント、そしてオプショナルサプリメントの3つに分ける事ができます。

 

初めてサプリメントを飲む場合にはベースサプリメントがおすすめです。

 

ベースサプリメントは、日々の食事からだけでは不足しがちな栄養素を補う目的のもので、子供からお年寄りまで安心して使用できることが特徴です。

 

例としてはビタミン、ミネラル、アミノ酸、コラーゲン、プロテインなどが配合されているものが挙げられます。

 

ヘルスサプリメントやオプショナルサプリメントはベースサプリメントで体の土台を整えてからの方が効果が得られやすくなります。

 

薬草やハーブなどを配合したオプショナルサプリメントには医薬品の作用に影響を与えるものがあります。

 

そのため人によっては副作用がでることもあるので使用には注意が必要です。

 

 

 

TOPページでは、『すっぽん小町』について紹介しています。すっぽん小町の口コミ・評価・最安値での購入方法などお得な情報を掲載しています。購入前の疑問などに少しでもお役に立てれば幸いです。