薬局とドラッグストアの違いを知ろう?

 

薬局を英訳するとドラッグストアですが、日本語にはその意味に違いがあります。

 

日本語で「薬局」とついている場合には、調剤室があり必ず薬剤師が常駐しています。

 

昔は受診した病院で薬を受け取ることが当たり前でしたが、現在では院外処方といって病院で受け取った処方箋を薬局に持っていき、調剤してもらうというシステムに変更されました。

 

チェーン展開している大手のドラッグストアでは調剤室を備えて薬剤師を雇っているところもあり、病院からの処方箋を受け付けているところもあります。

 

また薬局で薬以外の日用雑貨などを取り扱っているところも増え、薬局とドラッグストアはだんだんその境界線が見えづらくなってきています。

 

解決できる疑問はすっきり解決しておこう!

すっぽん小町のようなサプリメントは薬ではなく、あくまでも健康食品の一部とみなされています。

 

医薬品のように特定の疾患を治療する効果がない分、副作用などの心配をせずに飲めることが特徴です。

 

しかし持病を抱えていたり、医師から処方された薬を飲んでいる場合には少し注意が必要です。

 

また、市販薬やドリンク剤などを日常的に使用している場合も同様です。

 

薬局や薬剤師のいるドラッグストアなどで薬を購入している場合には、薬とサプリメントの相互作用などを薬剤師に聞いてみると良いでしょう。

 

すっぽん小町を製造販売しているていねい通販は薬剤師窓口を設けて、そうした質問に応じる体制を整えています。

 

フリーダイヤルで問い合わせることができるので気軽に利用してみるとよいでしょう。

 

何となく不安な気持ちを抱えてサプリメントを飲むことはよくありません。

 

解決できる疑問は積極的に行動して気持ちをスッキリしましょう!

 

サプリメントを製造販売する背景にも法律がある!

薬局の定義一つをとっても様々な規定があるように、日本における「薬」を取り巻く法律は改正を重ねながら綿密に練り上げられています。

 

国民皆保険制度をとる日本の保険制度は国の財政や社会情勢などに大きく影響を受ける宿命にあります。

 

法律が改正されると従来のやり方では違法とみなされることもあり、医療関係者や製薬、食品メーカーなどは大きなシフトチェンジを余儀なくされることもあります。

 

サプリメント業界も決して例外ではなく、製造、販売には常に法律が大きく絡んでいます。

 

サプリメントは食品衛生法のもとにおかれる食品の一部ですが、成分や表示内容が逸脱すると違法となることがあるため、各社とも成分の内容やパッケージの表現などには細心の注意を払いながら製造販売をしています。

 

 

TOPページでは『すっぽん小町』について紹介しています。すっぽん小町の口コミ・体験談・評価・特典付き最安値の購入方法などお得な情報を掲載しています。購入前の疑問に少しでもお役に立てれば幸いです。